リハビリといえば理学療法士|合格実績を重視して専門学校をチョイス

男女

専門性の高い資格

医者

どんな職業か

診療放射線技師は、多くは病院や歯科医院で医師、歯科医師の指示のもと人体に放射線を照射できる資格を持った人の職業名です。診療放射線技師は国家資格ですが、あまり認知度が高くなく、レントゲン技師、エックス線技師といったほうがピンとくる人もいます。診療放射線技師の主な業務内容は、一般撮影はもちろんのこと、CT,MRI検査、消化管造影、骨密度、血管造影撮影、放射線治療、核医学検査、超音波、マンモグラフィなど様々あり、技術や豊富な専門的知識が必要になるところが特徴的な職業です。また、近年は女性の診療放射線技師も増えています。マンモグラフィは乳房の撮影になるので、女性の診療放射線技師の需要が高まっています。病院や診療所での働き口が多くありますが、医療メーカーや研究所などで働いている人もいます。専門知識を必要とし大変な業務ではありますが、やりがいのある仕事です。

一日の業務内容

診療放射線技師はとても大変な業務です。病院の一例ですが、午前中は外来の方の一般撮影をしながら、他の検査も行っていきます。その間にも、飛び込みで検査が入ってきます。午後には病棟の方の撮影や検査を行います。午後からも患者様はいらっしゃいますので、合間を見ながら撮影や検査を行っていきます。また、入院されている方は、撮影室に降りてこられないこともあるので、ポータブルで診療放射線技師が撮影しに行きます。その病院で雇っている人数にもよりますが、ハードな職業ということは頭に入れておいた方がいいです。また、扱っているのが放射線という特殊なものなので、被爆などのことも考え、もちろん間違いのないよう医療機器を扱わなければなりません。そして、最初と最後の医療機器の点検もします。苦手な撮影や難しい撮影があるときは先に予習などもしておかないといけません。専門学校などでは、実習などのカリキュラムが組まれていて、実際の病院にいって体験することができます。その際には、わからないことなどは積極的に聞いていくと好印象です。