リハビリといえば理学療法士|合格実績を重視して専門学校をチョイス

男女

義手や義足のエキスパート

男性

独自の性格を持つ専門職

医療や福祉に関連した職種には、非常にたくさんの種類があります。中にはユニークな性格を持つものがあって、いわゆる「ものづくり」に近い仕事もあります。それが義肢装具士です。義肢装具士は、義手や義足などの製作を手掛ける専門職です。ギプスなどの装具の製作にも関わります。義肢装具士は他の医療・福祉関連職と違い、日常的に患者や障碍者と接する機会はあまりありません。ただ、製作後もきちんとフィットしているかどうかをチェックし、必要に応じて調整を行うのも業務のうちに含まれるので、やはり治療者・介護者としての適性が求められる点には注意が必要です。また、義肢は医師の処方箋に基づいて製作されるため、当然ながら医師とコミュニケーションが取れるだけの医学知識が必要となります。

高い就職人気を誇る

義肢装具士は、厚生労働省認定の国家資格となっています。国の指定する養成校で必要な学課を修め、国家試験に合格することで得ることができます。義肢装具士になるための知識・技能が学べる学校は、2016年現在で全国に11校あります。そのうち4校は大学で、医療系の学部・学科の中に専攻コースが設けられています。残り7校は専門学校で、就学期間は3年または4年となっています。義肢装具士の就職先は、その大半が義肢・装具メーカーなどの一般企業です。資格保有者がそれほど多くないこともあり、新規取得者の就職率は非常に高い水準にあります。メーカー以外では病院内にある義肢製作部門、リハビリセンターなどにも活躍の場があります。