リハビリといえば理学療法士|合格実績を重視して専門学校をチョイス

男女

注目を集める資格

先生

仕事内容とは

医療関係の職業は様々な分野に分かれていますが、視能訓練士も専門職の一つです。視力検査や屈折検査、眼底検査などの検査を行うとともに、眼科医療をサポートするという重要や役割を担っています。さらに、検査だけではなく、斜視や弱視などの障害を持つ人に対して矯正訓練を行う場合もあります。視能訓練士は、近年急速に知名度が高まった職業であり、今後も増えるのではないかと考えられます。なお、眼科検査については、視能訓練士の資格を取得していなくても行なうことは出来ますが、専門の知識・技術を持つ視能訓練士が検査を行なったほうが確実性の高い検査を行なうことが出来ます。視能訓練士の資格を取得するためには、指定の養成機関を卒業した上で国家試験に合格する必要があります。

働き方が選べる

視能訓練士は男女比でいうと、その8割が女性であると言われています。女性に人気がある理由としては、結婚や出産などに対応しやすいということが挙げられます。子供が幼いうちは、働くということは難しいのかもしれません。しかし、資格に有効期限が設けられてはいませんし、随時更新する必要もありませんので、一度仕事から離れても、再就職しやすいと言えます。さらに、仕事内容についても、身体への負担が少ないため、年齢に関わらず働くことが出来るということも人気の理由と言えます。正社員として働くことはもちろん、パートとして働くことも出来ますので、ライフスタイルに応じた働き方をすることが出来ます。常に新しい知識を得る必要はありますが、基本的に残業はありません。これから手に職をつけたいと考えている人は、視能訓練士の専門講座や学校も検討してみると良いでしょう。